ザオプションの15分取引が稼ぎやすい!他業者にはないメリット紹介

ザオプションの15分取引が稼ぎやすい!他業者にはないメリット紹介

皆様ごきげんよう、タカシです。

今回は、ザオプションの15分取引がかなり稼げるよ!っていう内容。もはや15分取引をやるなら、ザオプション以外の業者は考えられないレベルなのですw

タカシ

ザオプションの15分取引には、あのハイローですら敵わない圧倒的メリットがあるって話!

というわけで、記事のお品書きはコチラとなっております。

当記事の内容
  • ザオプションにも15分取引があります【嘘に注意】
  • 15分取引を攻めるならザオプションがおすすめな理由
  • 短期取引ではなく15分取引を攻めるメリットとは?

すでにハイローオーストラリアなどの業者でバイナリーオプションを始めてる方は、15分取引も何度かやったことがあると思います。わりと勝ちやすい印象もあるかも。

でもでも、ザオプションで15分取引すれば、もっと稼げるかもしれませんよ?いや、大袈裟ではなくマジでw

さっそく、ザオプションの15分取引についてご紹介していきますね。

もくじ

ザオプションにも15分取引はあるんです

ザオプションにも15分取引がある!無いという情報はステマ

そもそもなんですけど、ネットで検索したら「ザオプションには15分取引がない!だからハイローオーストラリアを使うのがGood!」って書かれてたりするんですよね。

いや、いくら15分取引が人気だからって、嘘をついてまでハイローを宣伝しなくても…って思う(・ω・`)

タカシ

ザオプションにも15分取引、普通にありまっせw

15分取引の正体は5分刻みのHIGH/LOW取引

15分取引の正体は5分刻みのHIGH/LOW取引

ご覧のように、ザオプションでは5分・10分・15分と「5分刻み」でエントリーできます。これ、ハイローオーストラリアの15分取引と全く同じですよね?w

ザオプションでは「15分取引」と呼ばれてないだけで、ハイローオーストラリアで言うところの15分取引、ちゃんと用意してくれてるんですよ。

だってザオプションさん、ハイローを抜かすためにかなり意識して運営してますしwハイローで人気の15分取引を、ザオプションさんが取り入れないはずがないw

タカシ

そもそもハイローさんも、15分取引じゃなくて普通に「5分毎の取引」って言えば良いのになって思う(笑)

というわけで、ザオプションでもハイローと同じ15分取引がプレイできますよっていう前提で、続きをご覧くださいな。

15分取引はザオプションのほうが実は勝てるのよ

15分取引を攻めるならザオプションを使うのがおすすめな理由

さて、ここからが本題。

先程の画像を見て「ザオプションの15分取引より、ハイローの15分取引の方がペイアウト率高いじゃん!やっぱハイローでしょ!」と思った方もいると思うんですよねw

たしかに、15分取引のペイアウト率はザオプションが1.82倍、ハイローは1.85倍です。残念ながらザオプションさん、単純なペイアウト率だけ見れば負けてます(´・ω・`)

しかし!ザオプションの15分取引には、ハイローにはない圧倒的な魅力があるんですよ。

15分取引やるならザオプションが至高。その理由がコチラ。

  • ドロー判定でお金が戻ってくる
  • 転売時ペイアウトが高い

順番に解説していきますね。

ザオプションの15分取引はドロー判定でお金が戻ってくる

はい。ハイロー陣営さん、もう論破でいいでしょうか?w

ザオプションの15分取引では、いわゆる「同値判定」の場合、掛け金が全額戻ってきます。

ただでさえ安定性が高く荒れにくい15分取引、ドローでも負けにならないってなったら最強です。ハイローでは全額没収のところ、ザオプションなら全額返金ですからw


ザオプション

ハイローオーストラリア
短期取引
(30秒〜5分)
ドローは負け扱いドローは負け扱い
HIGHLOW取引
(15分〜1日)
ドローで返金ドローは負け扱い

ご覧の通り、ザオプションで15分取引するとそれだけでお得なの。

タカシ

ザオプションはほんの少しペイアウト率で負けてるけど、そんなの一撃でひっくり返るくらいこの差はデカいのですw

ザオプションの15分取引の方が転売時ペイアウトが高い

15分取引をする場合、もし負けそうなら転売で損切りも考えますよね。というか、考えるべきかなってw

これはあくまでも体感レベルになるんですけど、ザオプションの15分取引の方が転売時ペイアウト率が高いんです。

ハイローより基本のペイアウト率が低い分、転売時ペイアウト率はやや高めにキープしていると予想。この辺は、両者をデモ取引で使い比べてみるのが良いかもしれません。

あと、上記ツイートにも書いてある「キャンペーン」については【秘密の特典つき】ザオプションのキャンペーン情報のまとめ【最新版】の記事で解説してますので要チェックです。

タカシ

とまあこんな感じで、15分取引やるならザオプションの方が稼ぎやすいかなと思うのですわ。

ザオプションで15分取引を狙うメリットとは

ザオプションで15分取引を狙うメリットとは?短期取引と何が違うの?

ザオプションの15分取引の強みをご紹介できたので、お次は「短期取引ではなくHIGH/LOW取引を使う方が稼ぎやすい理由は?」という疑問にもお答えしておきます。

たしかに30秒取引や1分取引の高いペイアウト率は魅力だし、短期取引の方が時間効率が良いのは事実。

でもでも、それでも15分取引の方が稼げるかなって僕は考えておりましてw

  • 15分取引は予想がしやすく、ノイズが起きづらい
  • 短期取引より15分取引の方がエントリーの自由が効く
  • ザオプションは3分・5分取引のペイアウト率が低め

こんな内容を語っていきます。ザオプションでの取引をお考えの方は、もう少しだけお付き合いくださいな。

15分取引は予想がしやすく、ノイズが起きづらい

ザオプションの15分取引と、30秒取引のチャートを見比べてみましょうか。

30秒取引のチャートはノイズが入って上下に行ったりきたりするので予想が難しい
30秒取引のチャート
15分取引のチャートはノイズがなく安定しており、トレンドが見やすいので予想が簡単
15分取引のチャート

30秒はノイズやら急変動やらで上下に行ったり来たりなのに対し、15分取引のチャートはある程度「トレンド」が見えますよね。これを使って、順張りエントリーで手堅く勝つのが15分取引の攻略法なのです。

というわけで、ザオプションの15分取引で「順張りエントリー」を実践した結果がコチラ。

STEP
チャートが動いている方向に順張りエントリー
チャートが動いている方向に順張りエントリー

こちらのケースでは、残り時間2分ちょいの時点で明らかな「上向きトレンド」を確認。素直にHIGHにエントリーしてみました。

STEP
トレンドに沿ってチャートが動くので、予想が的中できる
トレンドに沿ってチャートが動くので、予想が的中できる

ご覧のようにチャートはエントリー後も緩やかに上昇を続け、HIGH予想が的中。1万円が18,200円になって返ってきました。

下手したら、次の5分後まで待てばもう1回HIGHで勝てるかもと思いましたが、説明用なのでここでやめておきますw

とまあこんな感じで、知っている方も多いと思いますが15分取引の基本的な攻め方をご紹介しました。

タカシ

ザオプションの15分取引ではこれに加えて「ドロー返金」があるわけで、そりゃ安定するわ!ってw

短期取引より15分取引の方がエントリーの幅が効く

「HIGH/LOWの5分毎の取引と、短期取引の5分取引、違いがよく分からない…」という方もいると思うので、この辺の差別化ポイントをご説明しますね。

まず、ザオプションの短期取引は「エントリーしてから3分後に判定」などのように、ワンパターンな取引なんです。

いっぽう15分取引は「5分後・10分後・15分後」とあらかじめ判定時間が決まっていて、エントリーするタイミングによって取引時間をコントロールできるって感じ。

15分取引は、エントリータイミング次第で5分でも3分でも2分でも、自由に取引時間を調節できる

こんな感じで、エントリータイミング次第で5分でも3分でも2分でも、自由自在に操れるのが15分取引のいいところかなって。

タカシ

15分取引でも、エントリーをズラせば擬似的に2分や3分の取引にすることができるんですわ。

ザオプションは15分取引より2分・3分・5分取引のペイアウト率が低い

ザオプションは3分・5分取引のペイアウト率が低い

ザオプションの弱点として、短期取引のペイアウト率が低いっていうのがあるんです。それだったら15分取引の方が効率的だよね?という話ですw

ザオプションの各取引のペイアウト率と、転売の可否を一覧表にしてみました。

判定時間ペイアウト率転売の可否
30秒取引1.96倍不可
1分取引1.90倍不可
2分取引1.77倍~1.81倍
3分取引1.77倍~1.81倍
5分取引1.77倍~1.81倍
15分取引1.82倍

ご覧のように、短期取引で3分や5分を攻めるより、15分取引で調整して取引する方がペイアウト率が高いんです。

タカシ

同じ3分取引をするのでも、15分取引で「残り3分」の時にエントリーする方が勝ったときの利益が大きいの。

もちろん、エントリータイミングを調整するってことはそれだけ考えることやミスる心配も出てくるんですけど…まあでも、練習すれば慣れますし、知っておいて損はないかなって。

以上、ザオプションではHIGH/LOW15分取引を上手に使って稼ごうねっていう解説でしたw

まとめ|15分取引のためにザオプションを使うのもアリだと思う

まとめ|15分取引のためだけにザオプションを使うのもアリだと思う
当記事のまとめ
  • ザオプションにもハイローと同じ15分取引がある
  • ドローで返金・転売ペイアウトが高いなどザオプションの15分取引の方が稼ぎやすい
  • ザオプションで取引するなら、短期取引より15分取引を中心に攻めよう

僕も、ハイローオーストラリアを使ってた頃は、15分取引ってあんまり好きじゃなかったんですよね。時間調節だるいし、そのわりにドロー判定でお金減るしw

でもザオプションに乗り換えてからは、15分取引でかなり結果が出るようになりました。15分取引最高(笑)

「さっさと乗り換えろ!」みたいな強制はもちろんしませんが、せっかく15分取引をやるなら、サブ口座にでもザオプションを使ってみると良いんじゃないかなって。

というわけで、ザオプションの口座開設をしたい方はザオプション口座開設の方法を徹底解説【※限定キャッシュバックあり】の記事を参考にしてくださいな。

タカシ

当サイト限定特典(1万円キャッシュバック)の受け取りをお忘れなく!

それでは、ごきげんよう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ